このブログは当院のスタッフ数人で担当して更新をしています。
院長がもうすぐ結婚するわけではなく、犬も飼っていないし、プリキュア好きの娘もいません。念のため。

2013年12月28日土曜日

来年も何卒よろしくお願いいたします



院長です。今日で本年最後の診療日です。
これまで従事してきた病院勤務と違い、地域医療とはどうあるべきかを受診してくださる皆様に教えていただき、6月の開院以降は日々勉強でした。また、近隣の小児科先生方をはじめ、他科の先生方からもいろいろ教えていただきました。
来年以降も、親しみやすいクリニックを目指し、受診してくださる子供たち、ご家族の満足度を上げることができるよう努力していきます。本年は大変お世話になりました。

2013年12月27日金曜日

ハワイ

ディズニーワールドを5日間楽しんだあとは、ハワイにレッツゴー!!
ハワイの海はとってもキレイです☆☆☆

ものすごい遊んでますよね。
一生に一度!と思ってかなりフンパツしました。
贅沢してるなーと自分でも思います。

旅行もあと少し。
思う存分遊んで帰ります♪

2013年12月26日木曜日

今年を振り返りました

ブログ係①です。
2013年を振り返ってみました。

今年は2月にインフルエンザになり、かなりしんどい思いをしました。
そして向洋こどもクリニックの求人を見て、面接、受けてみようかなと思いました。

3月に面接を受け、合格させていただきました。
5月の連休明けまで、以前の職場で働き、こどもクリニックの研修が始まり、6月に開院しました。

同じ6月に結婚が決まり、準備をすすめてきました。
9月に引越し、10月に結納、11月に入籍しました。

12月に入り、結婚式の準備に追われ、旦那さんともケンカし、ストレスで全身にじんましんが出ました。

振り返ってみると、この1年でたくさんの変化がありました。
こんなに変化がある年はなかなか無いと思います。

来年はもう少しゆっくり過ごしていきたいです☆

2013年12月25日水曜日

メリークリスマス

メリークリスマス♪♪♪

私は、今アメリカにいます。
新婚旅行です☆
私はディズニーが大好きなので、昔から新婚旅行はフロリダのディズニーワールドと決めてました。

飛行機の長旅により、少々疲れました・・・。

でも今からしっかり遊んでこようと思います!!!

2013年12月24日火曜日

結婚式、無事終わりました

12/22、無事結婚式が終わりました。

あんなに準備に時間がかかったのに、過ぎてみればあっという間でした。

出席していただいたみなさん、私の愚痴を聞いてくれたみなさん、準備を手伝ってくれたみなさん、みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

今日から新婚旅行へ旅立ちます。

クリニックは28日の午前中まであいています☆
 

2013年12月21日土曜日

簡単レシピ



寒くなったので、温かいものが食べたいですね。
手間をかけず、少しの食材でできるトマトカレーを紹介します。

トマトカレー

材料
 トマト缶詰(カット・ホールどちらでも) 1個
 カレールー 2~3片
 コショウ   少々

作り方
 1 耐熱容器にトマト缶詰を入れて、レンジで沸騰するまであたためる。
 2 カレールーを入れ、混ぜながら溶かす。
 3 もう1度レンジであたため、コショウを少しいれる。

 ※鶏肉・シーチキンを入れてもおいしいです。
   お肉を入れる場合は、鍋にお水を100~200cc入れて沸騰させる。





2013年12月20日金曜日

紅茶の話②



ブログ係⑤です。

紅茶には基本的なゴールデンルールがあります。

良質の茶葉を使う
ポットとカップは温める
お湯は沸騰したてのものを使う
茶葉の量は人数分+ポットの為の1杯分
表示の時間通りにきちんと蒸らす

紅茶はお湯を入れた際に一緒に空気が入り
ポットの中で茶葉が上下に回りジャンピングをすることが大切。

茶葉の量ですが、おおよそ1人分3g。ミルクを入れる方は4g。
コーヒーや紅茶にセットしてあるスプーンは小さめなので、小さじ1.5杯で計算。
1人分は小さじ山盛3杯(1.5+ポットの為の1.5)
2人分は小さじ山盛5杯弱(3+ポットの為の1.5)  



ポットは出来れば丸みのある物が良いですが、急須でも大丈夫です。
お湯を入れた後に茶葉を入れたり、電気ポットの保温のお湯やぬるま湯は×。

抽出時間ですが、細かな茶葉より大きな茶葉はやや時間を要します。
        
紅茶を入れたら、最後の1滴までポットを振って、丁寧に出して下さい。
この1滴がゴールデンドロップと呼ばれ、1番美味しいと言われています。

☆ ☆ ☆

またスーパーでよく見かけるティーバック。(Tea Bag
余り香りはなく繊細な味はしませんが、コクがあり、
きちんと入れることと、メーカーを選べば意外と美味しいです。

ティーバックの場合、1人に1袋、2人分ならきちんと2袋使い、
面倒でもポットに入れてきちんと蒸らします。
ポットが面倒なら直接カップに入れてもいいですが、皿等をかぶせ、
きちんと蓋をして蒸らしましょう。

余談ですが、カップにお湯を入れ、ティーバックを揺らすのは
本場のイギリスではデッドマウス(Dead Mouse)と言われています。

安いティーバックの大半はセイロンティーをブレンドしたものが
多いのですが、スーパーにある○東紅茶とか、○プトンイエローラベルよりも、
同様のお値段なら、下のスリランカ政府の認定マークが
箱のどこかに表示されているものが、渋みもなく味もなかなか良いです。



輸入食品の店や身近ではトップバリューにも売っています。










また余談ですが、何故か日本でよく使われる、プレス式のポット。

http://www.e-narumi.comより転載
 


実は本当はコーヒー用なのです。勿論、現地イギリスでは使いません。
容器が縦長で茶葉がジャンピング出来ないし、最後に茶葉を無理に
プレスしてしまうことで、えぐみが出ます。
このポットで紅茶が出てきた時点で、そのお店はアウトです。(笑)

例え喫茶店でも、紅茶専門店であっても、ゴールデンルールで入れていないのか、
お値段の割には美味しくない紅茶が結構あります。